Pacemaker+Corosyncメモ

トップ > アラカルト > Pacemaker+Corosyncメモ

環境

Pacemaker/Heartbeat/Corosync とは

Pacemaker/Heartbeat/Corosync は Linux をクラスタ化する際に使用されるツールです。

ツール説明
HeartbeatLinux-HA グループによって提供される Linux 用のクラスタソフト。クラスタ内のノードを監視し、障害発生時に VIP などのリソースを他のノードに移動させる機能を持ちます。監視機能と、クラスタリソース管理機能(CRM)から構成されていましたが、V3 からは CRM が Pacemaker として独立しました。
CorosyncHeartbeat と同様の監視機能を持つ OSS です。RHEL6/CentOS6 では Heartbeat+Pacemaker が一般的でしたが、RHEL7/CentOS7 では Corosync+Pacemaker の組み合わせがよく利用されているようです。
PacemakerHeartbeat+Pacemaner または Corosync+Pacemaker の組み合わせで使用します。Heartbeat のクラスタリソース管理(CRM)が独立強化されたもので、Corosync など他の監視ツールから起動され、リソースの制御を行います。
pcsPacemaker Configuration Tool。Corosync+Pacemaker を操作するコマンドラインツールです。

以下では、2台の CentOS 7.2 (centos7a, centos7b) に Corosync+Pacemaker の環境を構築する手順を示します。

インストール

centos7a で、IPv6 を無効にし、corosync, pacemaker, pcs をインストールし、pcsd を起動後、/etc/hosts にホスト情報を登録します。

centos7a# echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf
centos7a# echo "net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf
centos7a# systemctl restart network
centos7a# yum -y install corosync pacemaker resource-agents pcs fence-agents-all
centos7a# passwd hacluster
centos7a# systemctl enable pcsd
centos7a# systemctl start pcsd
centos7a# vi /etc/hosts
192.168.56.110 centos7a
192.168.56.111 centos7b

centos7b にも同様のインストールを行います。

centos7b# echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf
centos7b# echo "net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf
centos7b# systemctl restart network
centos7b# yum -y install corosync pacemaker resource-agents pcs fence-agents-all
centos7b# passwd hacluster
centos7b# systemctl enable pcsd
centos7b# systemctl start pcsd
centos7b# vi /etc/hosts
192.168.56.110 centos7a
192.168.56.111 centos7b

以降の操作は、centos7a でのみ行います。今回は STONITH(不安定ノードの強制停止/再起動機能) は使用しない設定にしています。

centos7a# pcs cluster auth centos7a centos7b -u hacluster
centos7a# pcs cluster setup --name testcluster centos7a centos7b
centos7a# pcs cluster start --all
centos7a# pcs property set stonith-enabled=false
centos7a# pcs resource create VIP ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.56.112 cidr_netmask=24 op monitor interval=10s

クラスタの状態を表示します。testcluster というクラスタの中に、2つのノード(centos7a, centos7b)と、1つのリソース(VIP:192.168.56.112) が定義されています。centos7a, centos7b は共にオンラインで、VIP は centos7a で動作しています。

centos7a# pcs status
Cluster name: testcluster
Last updated: Sun Jun 12 01:58:00 2016          Last change: Sun Jun 12 01:39:58 2016 by root via cibadmin on centos7a
Stack: corosync
Current DC: centos7a (version 1.1.13-10.el7_2.2-44eb2dd) - partition with quorum
2 nodes and 1 resource configured

Online: [ centos7a centos7b ]

Full list of resources:

 VIP    (ocf::heartbeat:IPaddr2):       Started centos7a

PCSD Status:
  centos7a: Online
  centos7b: Online

Daemon Status:
  corosync: active/disabled
  pacemaker: active/disabled
  pcsd: active/enabled

アドレス情報を見ると、VIP:192.168.56.112 が enp0s8 のセカンダリIPとして設定されています。

centos7a# ip addr | grep "inet "
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global dynamic enp0s3
inet 192.168.56.110/24 brd 192.168.56.255 scope global dynamic enp0s8
inet 192.168.56.112/24 brd 192.168.56.255 scope global secondary enp0s8

centos7a をシャットダウンすると、VIP:192.168.56.112 が centos7b にフェイルオーバーします。

centos7b# ip addr | grep "inet "
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global dynamic enp0s3
inet 192.168.56.110/24 brd 192.168.56.255 scope global dynamic enp0s8
inet 192.168.56.112/24 brd 192.168.56.255 scope global secondary enp0s8

下記に運用で使用する主な pcs コマンドを示します。

クラスタの状態を見る
# pcs status

すべてのノードを起動する
# pcs cluster start --all

特定ノードを起動する
# pcs cluster start centos7a

特定ノードを停止する
# pcs cluster stop centos7a

特定ノードをスタンバイにする
# pcs cluster standby centos7a

特定ノードをスタンバイから復帰する
# pcs cluster unstandby centos7a

リソース(例:VIP)を特定ノードに移動する
# pcs resource move VIP centos7b

Copyright (C) 2016 杜甫々
初版:2016年6月12日 最終更新:2016年6月12日
http://www.tohoho-web.com/ex/pacemaker.html