Javaアプレット

[戻る] [前に] [次に]

Javaアプレットとは

Java は C や C++ と同様のプログラミング言語です。ファイルの読み書きもできますし、コマンドプロンプトから実行することもできます。Java で作成された通常のソフトウェアを Java アプリケーション と呼びます。

Java アプリケーションの一種で、特に、下記の条件を満たした上で、ブラウザの画面上で動作するものを JavaアプレットJava Applet)または単に アプレットApplet)と呼びます。アプ(App)はアプリケーション(Application)、レット(-let)は小さいを意味します。

  1. Appletクラスのサブクラスとして実装される。
  2. ブラウザで表示されるコンテンツとして実行可能。
  3. セキュリティを考慮して、クライアント側のファイル等にはアクセスできない。
  4. paint() や init() などいくつか決められたインタフェースを持つ。

Javaアプレットのサンプル(Applet)

テキストエディタで次の2つのファイルを作成してください。

§AppletTest.java
import java.awt.*;
import java.applet.*;

public class AppletTest extends Applet {
    public void paint(Graphics g) {
        g.drawString("Hello World!!", 60, 30);
    }
}

§AppletTest.htm
<html>
<head>
<title>AppletTest</title>
</head>
<body>
<h4>AppletTest</h4>
<applet height=50 width=200 code="AppletTest.class"></applet>
</body>
</html>

AppletTest.java をコンパイルして AppletTest.class を作成します。

C:java>javac AppletTest.java

Internet Explorer から、AppletTest.htm ファイルを開いてください。ブラウザに Hello World!! と表示されれば成功です。


Hello World!!

Copyright (C) 2004 杜甫々
http://www.tohoho-web.com/java/applet.htm
初版:2004年6月26日、最終更新:2004年6月26日
[戻る] [前に] [次に]