メソッド

[戻る] [前に] [次に]

メソッド

クラス内部で定義される機能を メソッド と呼びます。

class クラス名 {
    型 メソッド名(引数) {
        :
    }
}

x と y の合計を返却するメソッドの例を下記に示します。

§MethodTest.java
class MethodTest {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println(add(3, 5));
    }
    static int add(int x, int y) {
        return (x + y);
    }    
}

引数

メソッドにはいくつかの 引数 を指定することができます。引数には、型と引数名のペアを 0 個以上指定することができます。

class クラス名 {
    型 メソッド名(型1 引数名1, 型2 引数名2) {
        :
    }
}

戻り値(return)

メソッドの 戻り値return を用いて呼び出し元に返します。

class クラス名 {
    型 メソッド名(引数) {
            :
        return(値)
    }
}

メソッド修飾子(public, ...)

メソッド修飾子には、publicprotectedprivatestaticfinalabstractnativesynchronizedstrictfp を指定することができます。abstract、native を含む場合はメソッドの実体が無いので、testFunctionB() の形式になります。

class クラス名 {
    修飾子 void testFunctionA(int a) {
        :
    }
    修飾子 void testFunctionB(int a);
}

http://www.tohoho-web.com/java/method.htm
初版:2004年6月26日、最終更新:2004年6月26日
[戻る] [前に] [次に]