パッケージ

[戻る] [前に] [次に]

インポート(import)

Java において、例えば Button は正確には java.awt.Button と記述します。しかし、毎回 java.awt.Button と記述するのは面倒なため、プログラムの冒頭で java.awt.* を import しておくことにより、java.awt.Button を単に Button と記述できるようになります。

java.awt.Button btn = new java.awt.Button();

上記を、import を用いて書き直すと次のようになります。

import java.awt.*;

Button btn = new Button();

パッケージ(package)

パッケージ は、いくつかのクラスやインタフェースをひとまとまりにしたものです。ファイルの先頭で package 文を次のように宣言することで、そのファイルに含まれるクラスなどは、pkgA.pkgB パッケージの一部として定義されるようになります。

package pkgA.pkgB;

パッケージのサンプル

下記のようなフォルダ構成でファイルを作成してみます。□はドライブやフォルダ、○はファイルを意味しています。

C:\
└□ java
 ├○ PkgTest1.java
 └□ pkgA
  ├○ PkgTest2.java
  └□ pkgB
   └○ PkgTest3.java

それぞれのファイルの中身を次のように記述してください。

§PkgTest1.java
class PkgTest1 {
    public static void main(String[] args) {
        pkgA.PkgTest2 o2 = new pkgA.PkgTest2();
        pkgA.pkgB.PkgTest3 o3 = new pkgA.pkgB.PkgTest3();
        o2.test();
        o3.test();
    }
}
§pkgA\PkgTest2.java
package pkgA;

public class PkgTest2 {
    public void test() {
        System.out.println("this is pkgA.PkgTest2");
    }
}
§pkgA\pkgB\PkgTest3.java
package pkgA.pkgB;

public class PkgTest3 {
    public void test() {
        System.out.println("this is pkgA.pkgB.PkgTest3");
    }
}

これをコンパイルして実行すると次のようになります。

C:\java>javac PkgTest1.java
C:\java>java PkgTest1
this is pkgA.PkgTest2
this is pkgA.pkgB.PkgTest3

http://www.tohoho-web.com/java/package.htm
初版:2004年6月26日、最終更新:2004年6月26日
[戻る] [前に] [次に]