ブラッド・ピット

トップ > とほほママの映画館 > ブラッド・ピット:Brad Pitt
とほほママおススメのブラッド・ピット出演作品:インタビュー・ウィズ・バンパイア、テルマ&ルイーズ、セブンイヤーズ・イン・チベット
Replay
(過去にさかのぼった男が生きなおすんだって。うーん、なんだか・・・。またまたジュリアと共演らしい。原題:Replay。)

Ocean's 11(2001)
(リメイク版オーシャンと11人の仲間達。ラスベガスのカジノを襲撃する強盗さんです。これにもジュリア・ロバーツでてる。キャスティング、かなり豪華ですよー。楽しみ。原題:Ocean's 11。)

Spy Game(2001)
(ロバート・レッドフォードとピット君夢の共演ーーー。はやく見たいねっ。原題:Spy Game。)

ザ・メキシカン(2001)
(運び屋のピット君。足を洗ったはずなのに何故だかとってもいわくつきの伝説の拳銃「メキシカン」を運ぶハメに。恋人役にジュリア・ロバーツ。弱腰のピット君に機関銃のごとく喋るジュリアのコンビがなかなか楽しげ。コメディータッチのお話らしい。楽しみーーーー!!プレビューはとってもテンポのいいBGMだよん。悲しい伝説を持つ銃の呪いから逃れられるか?早く見たいよーん。原題:THE MEXICAN。)

スナッチ(2000)
(どでかいダイヤモンドをめぐって、ひとくせもふたくせもある男達と一匹の大食いの犬が引き起こすお話。はたしてダイヤは誰の手に!・・・ピット君、タトゥーが入った褐色の髪のボクサーですぅ。うーんステキ!プレビューだけじゃなく、早く全編見たいよーん。ピット君の相手をケムにまくわけわかんない英語も楽しみだしね。遊び心満載のコメディータッチのお話だって。監督はガイ・リッチー。デル・トロが見られるのも楽しみヨン。原題:SNATCH。)

ファイトクラブ(’99)
『セブン』のデビット・フィンチャー監督作品、ピット君との2作目で話題に。モノでは満たされない思いと不安を抱え不眠症に悩まされている主人公ジャック(エドワード・ノートン)。そんな彼が石鹸販売会社のタイラー(ピット君)と出会って生活が一変してしまう。二人の元にはいつしか「ファイトクラブ」という名で男達が集まるようになった。はたして、「ファイトクラブ」とは・・・。殴り合いばかりが話題になったけど、とほほママは他に目が行ってしまいました。だって困ったちゃんのタイラーはオシリペンペンしたくなるズボンのはきかた。おまけにガタイは鍛え上げてある。リーバイスジーンズボーイの頃の金髪ピット君にのぼせてると、この作品で見事に皮肉られます。ピンクの石鹸だって飽食の時代の皮肉たっぷり。サブリミナルは4箇所。CG映像もあちこち。主演のエドワード・ノートンがさりげなく演技派。タイラーの謎の計画が実行されていくさまは、なんだか狂気の『12モンキーズ』。映画のキャッチコピーは危害・破壊・石鹸。英語のMISCHIEF・MAYHEM・SOAPの方がまさにぴったり。映画全体に流れる「ニヤリ」とさせられる感じは、最後の1コマまで続きます。ヒロイン、マーラにはヘレナ・ボナム・カーター。原題:The Fight Club。

ジョーブラックをよろしく(’98)
メディア王パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)の魂を迎えに来た死神が人間に興味を持ち、青年のからだを奪って人間に成りすまし、束の間の休日を過ごすというお話。家族愛・企業買収のやりとり・恋、と内容は盛りだくさん。
とほほママお気に入りのさわやかなアメリカ人青年(ブラッド・ピット2役)は登場後あっという間に消されてしまいました。グスン。もっと見ていたいのに。 ・・・あとには恋するオコチャマでピーナッツバターマンになってしまった死神ジョーブラック(ピット君)が。脇を固める役者サンたちが素晴らしい。特にホプキンスの存在感は見事です。平行するストーリーもよく出来ています。とにかくエピソードがテンコ盛り。「DEATH & TAXES」の伏線も笑わせてくれました。パリッシュから人生と愛について学んだ死神ジョーブラックが、愛する者のために何が一番か選択するラストシーンは切ないです。立ち姿の美しいピット君を3時間存分に堪能できます。原作は’20年代の戯曲で「明日なき抱擁(’34)」という題で映画化されました。それを元に現代風に練り直してリメイクした作品。原題:Meet Joe Black。

セブンイヤーズ・イン・チベット(’97)  とほほママおススメ
登山中第二次大戦が勃発。捕虜収容所から逃走してチベットのむらに逃げ込み、若きダライ・ラマの家庭教師になったオーストリア人登山家ハインリッヒ・ハラーの自伝が原作。自己中心的だったハラー(ピット君)がダライ・ラマと交流するうちに自分自身を見詰め直していく過程がみどころ。ダライ・ラマ少年とピット君とってもイイ演技。人間的に成長したハラーが、7年間ほったらかしだった妻子と向き合おうとする場面は切ないです。素直な演技のピット君が見られるおススメの一作。「黄色い髪だ」とラマ少年がいうピット様の見事な金髪も堪能!中国のチベット弾圧というストーリーの政治的背景と、撮影当時のアメリカと中国の政治的緊張から、制作にまつわるトラブルがさわがれた作品。原題:Seven Years in Tibet。

デビル(’97)
ピット君はアイルランド独立を掲げるIRAのテロリスト役。偽名フランシス・エンジェル・マクガイアの名の通りエンジェルの様な可愛さで悪魔の使命をおびて活動する彼。「この青年は敵か味方か」なんていうキャッチコピーと、お気に入り俳優のハリソン・フォードとピット君が出演とあってとほほママはワクワク。題名が「デビル」で名前が「エンジェル」なんて、どんな展開?って期待いっぱい胸いっぱい。キュートでかわいいフランシス(ピット君)、何とかしてあげたいわ・・・と思っているうちに物語りはあえなく終わってしまったのでした。シクシク。映画予告はとってもカッコイイのに・・・。原題:The Devil's Own。

リック(’88制作’97日本公開)
主人公リック(ピット君)は日光に当たると3日で死んでしまうという難病の青年。どんな光にも当たれないので、全身黒ずくめで顔にも特注マスク。そんな彼が村の仮装祭りの日に恋をして、マスクを外す事を決意するのです。ピット君の肌は特殊メイク。父親役のガイ・ボイドはさすがの貫禄で優しく強い父親役を演じています。リックの背負った宿命と、この作品自身がたどった運命を思うと、なんだか悲しくてくやしいとほほママ。’87〜88年に旧ユーゴで撮影されたのに、完成間際に紛争に巻き込まれ、フィルムは行方不明に。製作者の執念のフィルム探しの結果5年かけてようやく回収され、再編集されたいわく付きの作品。10年を経てようやく日の目を見た幻のピット君初主演映画。伏線がいっぱい残されているので、当時の編集で見てみたかった・・・。そんなわけで、他の人が何といおうと、わたしはこの映画にとっても思い入れがあるの。 原題:The Dark Side of the Sun。

スリーパーズ(’96)
スリーパーズとは「少年院あがり」のこと。ピット君は、「駄目検事」を装いながら看守による少年の虐待を世間に知らしめていく少年院あがりの検事補役。心の傷が少年達の人生を変えたことを思うと切ない物語。原作はノンフィクション小説。ロバート・デ・ニーロやダスティン・ホフマンまででています。ケビン・ベーコンの悪徳看守がはまり役。「世論」は現実社会の中で、という観点から映画の中ではあまり描かれていません。実態を伝え問題を提起する映画としてみるべきなのでしょう。原題:Sleepers。

セブン(’95)
キリスト教の「七つの大罪」をテーマにした連続殺人事件が起こり、ベテラン刑事と新米刑事が事件を捜査していく・・・というお話。新婚新米刑事という設定の通り、ちょっとおちゃらけたピット君、いいなぁ。刑事姿のピット君はステキよ。物語はそのまま凸凹コンビのかっこいい刑事(コップ)モノでいくのかと思っていたら、とほほママの期待を裏切って、どんどん残虐非道なお話になってしまった。ベテラン刑事役のモーガン・フリーマンはさすが。犯人役のケビン・スペイシーも見逃せない。原題:Se7en。

12モンキーズ(’95)  とほほママおススメ
とほほママが「モデルじゃないピット君」とはじめてであった衝撃の一作。広告・CM・映画予告以外で私が初めてみたピット君出演作がこのビデオだった。ただのハンサムさんじゃないぞ、というキレた演技にとほほママは感動。ストーリーはSFの定番、未来がマトリックスのリバース物語、あるいはタイムトラベルモノというべきか。タイムループの時間差が面白いです。「過去」と「未来」が「現在(初めの時点)」に収束していくのも面白いし・・・。主演はブルース・ウィリス。猿フリークのとほほママはこの映画がお気に入り。『未来世紀ブラジル』のテリー・ギリアム監督作品。是非、吹き替えじゃなく字幕版で見て、ちりばめられた「キー」ワードにもほくそえんでね。ホント、何回見ても新たな発見があっておもしろい映画だよん。(・・・と思うのは私だけ?)曲も堪能してね。原題:TWELVE MONKEYS。

レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い(’94)
長男は真面目、次男は風来坊、三男は理想家、という3兄弟と、三男の恋人が織り成す心の葛藤を描いた作品。異国を放浪する次男坊(ピット君)が、女性に囲まれてるシーンは、こっぱずかしくて直視できない色っぽさ。自然を愛する情熱家の次男坊トリスタンが秘めた思いは何だったのでしょう。この映画は日本でもブームになって、北海道を舞台にした似たような日本版のTVドラマまで作られました。ドラマもしっかり見てしまった私・・・。三男を演じているのが『E.T』のヘンリー・トーマス君と知り、時の流れを感じたとほほママでした。原題:Legends of the Fall。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(’94)  とほほママおススメ
ヴァンパイアになって200年の想いを語るピット君。とほほママがお気に入りの「人間」のピット様はまたしてもあっという間にヴァンパイアに・・・。シクシク。しかし豪華なキャストと豪華な衣装と新世界から来た美しいバンパイア達に、思わず耽美のため息。人間の心を持ちあわせ、吸血鬼となった苦悩と悲しさを背負ったルイをピット君が好演しています。出演が決まっていたリバー・フェニックス急逝のため『トゥルーロマンス』のクリスチャン・スレーターがインタビュアーに配役された、またしてもいわく付きの作品。アン・ライスのベストセラー小説が原作。おススメ。原題:Interview with the Vampire。

ひみつのお願い(改題→)ブラッドピットの君にメロメロ(’92製作’94未公開)
眼鏡をかけたピット君に色っぽい下着姿の女性のビデオパッケージ、ドキドキ。しかも『ブラッドピットの ひみつのお願い』なんてビデオタイトルだから、「まっ、どんなお願い?なんでもきいてあげちゃうわっ」って借りてみたらずっこけちゃいました。主人公はごくフツーの主婦。そのフツーの主婦が引き起こす騒動をコミカルに描いた作品。彼女の設定は専業主婦のとほほママにはなんだか他人事じゃない気がして親近感があったけど・・・。その主婦の友人でバリバリ画商ウーマンの若い恋人がピット君演じる画家。そのピット君が自分の絵を「プリティ」と言われるとカチンときて「エヴォケイティヴな絵だ」と言っちゃうところが笑っちゃいました。なんだかナマのピット君の台詞っぽくて。「奇麗じゃなくて心を揺さぶる役者なんだ!」ってね。この映画も製作後映画会社のトラブルで’94にようやくアメリカ公開されたちょっといわく付きの作品。原題:The Favor。
追記:最近ではこの作品、『ブラッドピットのヒミツのお願い』から更にパワーアップして、『ブラッドピットの君にメロメロ』というとっても恥ずかしい邦題で世に出されているようです。・・・お気の毒なBP。おお、そう言えば、お騒がせ主婦ののん気なだんなさんを演じているのはビル・プルマンですよん!!(うっ、彼もイニシャルBPなのねっ。)

トゥルーロマンス(’93)  とほほママおススメ
クリスチャン・スレーターが演じる主人公は娼婦と恋におち、彼女のために娼婦屋の元締め(ゲーリー・オールドマン)を殺してしまう。しかも持ち帰ったスーツケースにはドラッグがいっぱい。恋の逃避行はハラハラドキドキ。みせてくれます、最後まで。す・ご・い!!とほほママおススメの一品!とにかくカッコイイのです。ちなみにピット君は、主人公達を窮地に追い込むラリった男・・・。脇を固める俳優陣がみごと。脚本クエンティン・タランティーノ。原題:True Romance。

カリフォルニア〜狂気の銃弾(’93)
『X(エックス)ファイル』のモルダー特別捜査官と行くカリフォルニア『ツインピークス』1週間の旅、あなたにも異次元への「どこでもドア」が見えましたか・・・というイメージのお話かなぁ。ありましたよね、『ツインピークス』ツアー。と、これはあくまでも、イメージのお話。ホントは・・・主人公を演じるデビット・ドゥカブニーがカリフォルニアまでの殺人事件の取材旅行を計画する。恋人の写真家を連れた車での旅行。費用を浮かすために、同乗者を募集した。なんと応募してきたのは連続殺人鬼とその恋人。旅の行く末は・・・、と言うストーリー。ピット君はこの同乗者、罪悪感を持たない無学でむさくるしい殺人鬼アーリーを演じています。アーリーの恋人には『トゥルーブルース』で共演のジュリエット・ルイス。原題のKaliforniaのKはKillerのイメージからつけられています。

ザ・コンタクト 取り残された戦士(’93)  とほほママおススメ
わずか30分の映画でこれほどの出来。・・・いいっ、おススメです。ピット君は砂漠で迷子のアメリカ兵コックス役。敵兵と遭遇、砂漠で一晩過ごすうちに・・・。現実の湾岸戦争での実話に基いたお話です。原題:The Contact。

クールワールド(’92劇場未公開)
帰還兵フランク・ハリス(ピット君)はバイクを運転中事故に遭い、しかも偶然アニメの世界に迷い込んでしまう、という逆ロジャーラビット映画。アニメと実写の合成はブ、ブー。しかしホリー・ウッド(キム・ベイシンガー)を追って現実世界にやってきたハリス(ピット君)は、さながら『Xファイル』のモルダー特別捜査官・・・かっこいい!なのにまたまた見せ場少なくあえなく消されてしまうのでした・・・シクシク。とほほママお気に入りの現実の世界の「人間」のピット様、もっと見ていたいのにー。現実世界へホリーを追っていくハリス(ピット君)がアニメの世界の恋人の部屋でやり取りする英語の台詞にクラクラしてしまうとほほママ。彼氏にあんなに言われるとクサイ台詞でも嬉しーわよ、やっぱし。原題:Cool World。

リバー・ランズ・スルー・イット(’92)
ピット君の姿が、若かりし頃のロバート・レッドフォードだ!!と話題になった映画。同名の小説が原作。監督・ナレーションはロバート・レッドフォード。美しい自然とポール(ピット君)のフライフィッシングのシーンは本当に素晴らしいです。だからポールの生きざまが「なんで!?」と口惜しいのでした。ところで、映画の酒場のシーンで、ピット君があまりにあどけなく見えて、「クスッかわいいっ」っておもったとほほママでした。うーん、キュートすぎるぅ。原題:A River Runs Through It。

ジョニースエード(’91)
(カートゥーンネットワークのアニメ「ジョニー・ブラボー」みたいなものすごいリーゼント頭のピット君です。ピット君関連の記事や本でこの映像を見たかたもいるはず。空から降ってきたスエードの靴に何かを感じた主人公が、ジョニー・スエードという芸名でロッカーを目指して歌ってるらしい。まだこの映画見てないの。見たら詳しく書くからね。)原題:Johnny Suede。

テルマ&ルイーズ(’91)  とほほママおススメ
とほほママが大好きな『ブレードランナー』のリドリー・スコット監督作品。やっぱりリドリー・スコット!と思わせる映像シーンにとほほママはウルウル。ストーリーは、暗い過去を持つウェイトレスのルイーズ(スーザン・サランドン)と亭主に抑圧されているテルマ(ジーナ・デイビス)が2人だけのドライブ旅行に出るところから始まります。途中、ある男を殺してしまったり、かわいいヒッチハイカーJ.D.(ピット君)に大金を奪われてしまったりと、旅はどんどんとんでもない方向に。テルマとルイーズが、次第に自己を開放し、自分らしさを謳歌していく姿があっぱれ。おススメの一作です。
J.D.がテルマを変身させたベッドシーンが話題になりましたが、私はベッドサイドでヘアドライアー持って喋ってるシーンの方が好きです。セクシーというよりは、きゃしゃなピット君です。
原題:THELMA&LOUISE。

傷だらけのランナー(’91) NEW
教護院から戻った弟ビリーを励ますためにトレーニングに誘い、弟のランナーとしての才能を見出した兄ジョー(ブラッド・ピット)。800メートルのランナーとして優勝候補になったジョーだったが、同じレースで弟ビリーと優勝を争うことになる・・・。
親の期待を一身に受けて育った兄の苦悩と、優等生の兄の影になってヒネちゃっていた弟が、「走る」という共通の目的を持つことで本音で向き合えるようになっていくストーリー。なかなかGOODです。
高校生役も違和感無くこなしてしまったピット君のキュートでひたむきな姿はいいなぁ。うん、うん。原題:Across the tracks。

TVアンソロジー ハリウッド・アドベンチャー3つの扉(’91TV)
TV放映された30分ものの1作『KING OF THE ROAD』に主演。ビデオにはオムニバス形式で他の2作といっしょに収録されています。ピット君は、伝説のキング・オブ・ザ・ロード(レイモンド・J・バリー)に挑む「かっとびぶっとび」おにーさんを好演。褐色の髪に淡い色の瞳が超セクシー、刺青だらけのピアス男でスピード狂なビリー(ピット君)にとほほママはクラクラ。おススメの一作。黒髪のピットは素敵よーーーーー。原題:KING OF THE ROAD。

トゥルーブルース(’90TV)
原題はToo Young to Die? 養父に虐待され実母にも捨てられ14歳だか15歳だかで結婚したものの旦那にまで見捨てられた少女アマンダと、彼女をクイモノにするヒモのビリー(ピット君)。この作品はアマンダの悲劇を通して、凶悪化する少年犯罪とその背後にある社会を描き、未成年者の死刑について問題を投げかけたもの。アマンダ役の主演女優ジュリエット・ルイスがみごと!すごい!!余談ですが、ビリーがポップコーンに顔を突っ込まれるシーンはわざわざ顔じゅうポップコーンまみれの映像に差し替えてあった・・・むむむ。

グローリーデイズ(’90TVシリーズ)
初レギュラー出演作だったのに裏番組のおかげで8話で打ち切りになったとか。ビデオは3巻6話出ているようです。幸運にもTV放映で3話分見ました!!ピット君は駆け出しの新聞記者。ハイスクール時代の友人は警官や大学生に。独り立ちしていく年代の甘酸っぱい一コマを思い出させてくれる作品。ウォーカー・ラブジョイを演じるピット君は等身大で好き。ドラマの原題はGlory Days。

処刑教室〜最終章(’89劇場未公開)
超B級学園ホラーコメディー・・・という感じかなぁ。学園で起こる連続殺人事件。いったい犯人は誰?フランケンみたいな転入生ブライアンが怪しいけれど、ドワイト(ピット君)にも動機がある、用務員のおじさんシュルツはちょっとキレててあぶないし・・・とハラハラ。おまけに笑えます。ヒロインはジル・ショーレン。字幕で笑ってみた後、ぜひ、もう一回英語の台詞といろんな文字に注意してみてね。
カースタントもこなすピット君のプロモーション(売り出し)映画といえそう。初々しいピット君に会えます。しかも制作が『リック』と同時期なので、なにやらあれこれと物思ってしまうとほほママでした。原題:Cutting Class。

ロックドアウト 21 JUMP STREET 『自殺』(’88TVシリーズ)
ジョニー・デップ主演のTVシリーズ『ロックドアウト 21 JUMP STREET』の中の一話『自殺』にゲスト出演。若者の自殺と残された者の心のケアがこの回のテーマ。『リック』が「生きる」ために自殺行為を選んだ青年の話だったため、この回にゲスト出演したらしい。『リック』で共演のシェリル・ポラックとピット君のカップル出演です。役名は多分ピーター。『リック』がもし健康で元気に学園生活を送っていたら、あんな感じなんでしょか?むむむ・・・。ドラマの原題は 21 JUMP STREET。『自殺』の原題はBEST YEARES OF YOUR LIFE。