とほほの著作権入門

トップ > とほほの著作権入門
日本国における著作権についての注意点・・・というか、私(とほほ)自身は著作権について、こう解釈しているというものをまとめてみました。

著作権とは?

著作権とは、著作者が著作物に対して持つ権利です。著作物とは、著作権法の中で「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と定義されています。文章、曲、歌詞、絵画、写真などはすべて著作権の対象です。

著作権は、下記などの権利から構成され、違反すると 3年以下の懲役または 300万円以下の罰金、加えて、損害賠償の可能性があります。ただし、著作者自身が訴える必要があります。

分類権利補足
著作者人格権公表権、氏名表示権、同一性保持権譲渡・相続不能
著作者財産権複製権、上演権、演奏権、上映権、公衆送信権、口述権、展示権、頒布権、譲渡権、貸与権、翻訳権、翻案権譲渡・相続可能

「著作権法」の全文は下記のページから「著作権法」を検索して参照してください。

非営利目的であれば少々コピーしてもよいのでは?

あなたが作詞家で、あなたの作った歌詞が歌本などに掲載される度に著作料を得ることができ、それで家族を養っているとします。そこで誰かが非営利目的であなたの歌詞をコピーしてホームページに公開したらどうなるでしょうか。

著作権は、コピーを禁止する法律ではありません。コピーしてもよい/してはダメ/いくら払えばしてもよいを、著作者に決めさせることができる法律です。

著作権を主張するには?

特に何も必要ありません。特許権などは特許庁への申請が必要ですが、著作権は基本的に著作物を創作した時点で自動的に発生します。申請などの特別なことを行う必要はありません。

Copyright(C)の意味は?

著作権を英語で Copyright と呼びます。「Copyright(または Copyr. またはマルC)、発行年、著作権者を一体として記述」してあれば、特に形式は規定されていないのですが、慣例としてよく下記のように記述されています。

Copyright (C) 1996-2001 杜甫々, All rights reserved.

「Copyright」は著作権、「(C)」は Copyright の略記号(本当は丸の中に C を書きます)、「1996-2001」は初版発行の年と最終更新の年、「杜甫々」の部分が著作者(社)、「All rights reserved.」は「すべての権利は(著作者が)持ってるよ。」という意味を示します。

しかし、日本の法律では、Copyright の記述の有無に関わらず、創作の時点で著作権が自動的に発生するため、この記述が法律的に意味を持つのは万国著作権条約には加盟しているけれど、ベルヌ条約には加盟していない国(アンドラ、サウジアラビア、ニカラグア、ラオス)に対してのみなのだそうです。とは言っても、国内においても「著作権で守られていることを意志表示する」という意義はあるようです。

海外の出版物も著作権の対象になるか?

はい。「ベルヌ条約」や「WIPO著作権条約」などの国際条約があり、加盟国の間ではたとえ海外の著作物であっても侵害は許されません。保護期間(多くの国では50年)や範囲は各国の法律により異なります。海外出版物の翻訳を無断公開することも著作権侵害になります。

似顔絵なら大丈夫?

駄目。アニメなどのキャラクターの似顔絵をホームページなどで無断で公開することも著作権の侵害となります。特にミッキーマウスなどのディズニーキャラクタは管理が厳しく、ミッキーマウスのシルエットだけでも訴えられることがあるそうです。(ミッキーマウスのシルエットに「H2O」のロゴを入れた場合はどうなるんだろう。そういえばミキハウスのマークもミッキーマウスに似ていますね。名前も似てるし・・・。

自分で撮った写真の中にキャラクターが写っていた場合は?

ケースバイケース。被写体が着ていたTシャツがたまたまミッキーマウスの絵柄だった程度であればOKでしょう。しかし、「ミッキーグッズ大集合」と題したページの中でミッキーマウスのTシャツの写真はNGでしょう。

手に入れたおもちゃの写真公開は?

UFOキャッチャーでゲットしたぬいぐるみの一覧アルバムなんて、ついついやってしまいがちですが、基本的には駄目です。

フリー画像として公開されているものであればOK?

いいえ。「フリー素材集」など多くの著作物が「フリー」として公開されていますが、その公開者がすでに他の人の著作権を侵害している場合は、あなたもその著作物を使用することはできません。しかし、そうは言っても逐一「本当にフリーなのか」を確認することは不可能ですし、個人ホームページに使用する程度であれば、「フリー」の言葉を信用するのも仕方なしといったところです。企業が営利目的でフリー素材を使用する場合は、もう少し慎重に行うべきかもしれません。

著作権の有効期間は?

著作権(財産権)の有効期間は原則として「著作者の死後(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者の死後)五十年」とあります。ただし、「戦時加算による特例」などもありますので、注意が必要です。

法人所有の著作権の有効期間は?

法人や団体が著作権を持つ場合は「その著作物の公表後五十年」とあります。連載物は基本的に最終話(三年以上続編が出ない場合は最後の話を最終と見なす)を公表時とします。ただし・・・・

ポパイ事件

ある日本企業がネクタイの柄に使用したポパイのキャラクターを米国企業が訴えました。ポパイは連載物で、第1話はすでに著作権保護の期限切れ、最終話はまだ期限内にあります。連載物はその最終話を公表時とするので原告側の勝訴かと思えば、さにあらず。ポパイのような「一話完結形式の連載漫画」では「各回の漫画それぞれが著作物」にあたり、図柄は「第一回作品の主人公ポパイを描いたもの」と見なされ、「著作権を侵害するものとはいえない」と審判されたそうです。別の裁判官が審議すれば、別の結果になったかもしれませんが・・・。

単なるデータであればコピーしてもよいか?

いいえ。電話帳やリンク集などの「データ」は著作物にはならないんじゃないかという議論がありましたが、「素材の選択又は配列によって創作性を有するもの」や、「情報の選択又は体系的な構成によって創作性を有するもの」などは著作権の対象になります。

とにかくコピーしちゃ駄目なんですね?

いいえ。著作物でも「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用」する場合には「その使用する者が複製」することができます。つまり、テープのダビングを個人で行って個人で聞くのはOK。ただし、文書や図面はコンビニのコピー機でもコピーできますが、CDやビデオは「公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機」を用いてのコピーは許されないそうです。

私的使用であればソフトのコピーもOK?

いいえ。著作権には違反しないかもしれませんが、ソフト提供会社との「契約」に違反することがあります。パッケージを開けた時点で自動的に契約が行われる例が多いです。

私的ホームページでの使用はOK?

いいえ。私的使用と言っても、ホームページなどのように第三者への公開が発生する場合は著作権の侵害になります。第三者から見える/見えないが論点となります。

とにかく、自分で楽しむ以外のコピーは駄目なんですね?

いいえ。「引用」であれば無断で行うことができます。引用とは「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲」で行うもので、出所の明示が必要です。「公正な慣行」という表現が曲者ですが、引用する必然性があること。引用されていることが明確であること。引用部が充分短いこと。引用部が周りの文章に対して従の関係にあること。などがあげられます。ただし、絵や短歌などのように、引用部のみが鑑賞の対象になる場合は引用と見なされないかも。

特別な目的に対する使用

「私的使用のための複製」や「引用」の他にも、「図書館などにおける複製」、「教科用図書等への掲載」、「試験問題としての複製」、「点字による複製等」は、著作権法で特別に定められていますので参照してください。

「参考」と「変更」の違い

元の文章を巧みに変更(である調をですます調にしたり、順序を並べ替えたりなど)した場合でも、著作権の侵害になる場合があります。両者を読んだ人の半数以上が「これは盗んでいるな」と感じるような場合はヤバイのではないでしょうか。

受け取った電子メールの内容を匿名で公開するのは?

人から受け取った電子メールを無断で第三者に転送したり、ホームページ上で公開することも著作権の侵害になることはあります。

無断リンクはOK?

灰色。「このページへのリンクを禁止します」と明記されていても、リンク自体は法律的違反ではないという話を聞きました。ただし、リンク先の内容が自分の著作の一部として誤解されるような形式でのリンクは盗用になります。私自身は「Yahooなどで公開されているURLについては、リンクの確認をとる必要無し」という意見に賛成ですが、そういう考えの人ばかりでもないので、「自由にリンクしていいよ」と明記されたページ以外へのリンクは、確認をとっておくのがエチケットでしょう。(私も昔サボっていました。すみません。)

トータルニュース社事件

米国のトータルニュース社という企業が、米国新聞社数社に訴えられる事件がありました。トータルニュース社のホームページで、左フレームに広告、右フレームに各新聞社が公開しているWeb記事にリンクするというサービスに対する差し止め訴訟です。被告側は単なるリンクなので著作権の侵害にはならないという主張でしたが、原告側は広告を見せるためにリンクを不正利用していると主張。和解したのか、現在はサービスは停止されています。

著作権以外の権利

著作権を侵害しなくても、商品名や社名などに関する「商標権」、発明に関する「特許権」、芸能人写真などに関する「パブリシティ権」、その他「肖像権」など、守らなくてはならない権利にはいろいろあります。

著作権侵害の明確なラインは?

「著作権法」は明記された文章ですが、その解釈には「ゆれ」があります。特にインターネットでの著作権については法律が追いついていない点も多く、解釈も毎日少しずつ変動していると覚悟してください。

とりあえず聞いてみる

著作権について悩んだら、とりあえず著作権者に聞いてみるのが一番です。電子メールで問い合わせると、結構「○○の条件を守ってくださればOKですよ。」とかいう答えを得ることができます。

ミッキーマウス保護法(2003.1.19追記)

米国の著作権保護期間は、1790年には28年でしたが、1831年に42年、1909年に56年と延長されてきました。この計算だと、ミッキーマウスの初登場作品「蒸気船ウィリー」の著作権は1984年に切れるはずでしたが、1976年には75年(個人作品は死後50年)へと延長されました。

で、今年2003年にミッキーマウスの著作権が今度こそ切れるはずでしたが、1998年、またもやディズニー社などの強い働きかけがあり、75年を95年(個人作品は死後70年)に延長する法律が制定されました。これが、「ミッキーマウス保護法」と揶揄されている法律です。これに反対する人達は「この法律は憲法違反であり無効だ」と提訴しましたが、2003年1月15日、最高裁は憲法違反ではないとの判決を下しました。

著作権の保護期間がどのくらいが適切なのかよく分かりませんが、ディズニーもグリム兄弟の著作物「白雪姫」など、著作権の切れた作品を使用してるのは事実ですし、「ジャングル大帝」に良く似た「ライオンキング」を作ったり、「ナディア」の盗作ではないかと批判を受けている「アトランティス」(下記リンク参照)などを見ると、ちょっとなんだかな・・・という気はします。


Copyright (C) 1998-2004 杜甫々
初版:1998年3月22日、最終更新:2004年10月11日
http://www.tohoho-web.com/wwwcopy.htm