<link> - リンク

トップ > HTMLリファレンス > <link>

概要

項目説明
形式<link rel="..." href="...">
サポートH2 / e3 / Ch1 / Fx1 / Sa1 / Op1 / N4
カテゴリメタデータコンテンツ
親要素メタデータコンテンツ を子要素に持てるもの
子要素無し(Empty)
タグの省略開始タグ:必須 / 終了タグ:無し

説明

<link> は、href 属性で指定した文書を参照します。<head>~</head>の間に記述し、いろいろな目的で使用されます。

属性

【重要属性】
属性意味
rel=relH2/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。この文書から見た参照先の文書との関係を指定します。stylesheet(スタイルシート)、fontdef(フォント定義ファイル)、Contents(目次)、Index(索引)、Glossay(用語集)、Copyright(著作権情報)、Next(次の文書)、Prev(前の文書)、Parent(上位の文書)、Help(ヘルプ)、Bookmark(ブックマーク)などがあります。
href=urlH2/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。文書のURLを指定します。
【その他属性】
属性意味
crossorigin=stateH5。CORS(Cross-Origin Resource Sharing)で使用される属性で、他のサイトのリソースにアクセスする際に、認証情報を使用するかどうかを指定します。
hreflang=langH4。参照先の文書の言語を指定します。
media=mediaH4/e4。文書の出力先を指定します。
  screen - 通常の画面に出力します。
  print - 印刷プレビュー画面に出力します。
  all - 全出力先に出力します。
sizes=nH5。rel="icon" の際のアイコンサイズを sizes="16x16" のように指定します。sizes="16x16 32x32" のように複数指定することも可能です。
type=typeH4/e3/N4。参照先の文書のタイプを指定します。
charset=charsetH4-4。参照先の文書のキャラクタセット(Shift_Jisなど)を指定します。HTML5 には定義されていません。
methods=methodsH2-4。HTML2.0で定義されていましたが、現在は使用されていません。
rev=relH2-H4。参照先の文書から見たこの文書との関係を指定します。
target=targetH4T-4T。表示ターゲットを指定します。
urn=urlH2-4。HTML2.0で定義されていましたが、現在は使用されていません。
disablede4。この<link>タグを無効化します。
src=urlN4。hrefと同じ意味を持ちます。
【一般属性】
属性意味
accesskey=keyH4/e4/Ch2/Fx2/Sa3/Op12/N6/i1。アクセスキーを指定します。
class=classH4/e3/Ch1/Fx1/Sa1/Op1/N4。クラスを指定します。
contenteditable=boolH5/e55/Ch11/Fx3/Op10.6/Sa3.2。要素を編集可能にします。
dir=dirH4/e5/Ch5/Fx4/Sa6/Op25/N6。文字の表示方向を指定します。
hiddenH5/e/Ch/Fx/Sa/Op。要素を非表示にします。
id=idH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。ID を指定します。
lang=langH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。言語を指定します。
spellcheck=boolH5。スペルをチェックします。
style=styleH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。スタイルシートを指定します。
tabindex=nH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タブインデックスを指定します。
title=titleH2/e2/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タイトルを指定します。
translate=titleH5。翻訳可否を指定します。

外部スタイルシートを指定する

外部スタイルシートを指定します。詳細は「とほほのスタイルシート入門」を参照してください。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <title>TEST</title>
  <link rel="stylesheet" href="sample.css" type="text/css">
 </head>
 <body>
     :
 </body>
</html>
 

外部スタイルシートファイルには例えば次のように記述しておきます。これにより、すべての h1 要素の色を赤くすることができます。

H1 { color: red }

他文書との関連

例えば、ブラウザの実装によっては、以下のようなリンクタグを解釈して、ツールバーにナビゲーションボタンを表示するものもあるかもしれません。

<link rel="index" href="index.html">
<link rel="contents" href="content.html">
<link rel="prev" href="chapter1.html">
<link rel="next" href="chapter3.html">

その他

Netscape Communicator 4.* では、ダイナミックフォントの技術で、フォントファイル(*.pfr)をサーバーからダウンロードする機能をサポートしていました。

<link rel="fontdef" src="xxfont.pfr">

Netscape Communicator 4.* では、CSS1 の他にも JSS(JavaScript Style Sheet)をサポートしていました。

<link rel="stylesheet" href="xxx.jss" type="text/javascript">

Copyright (C) 1996-2015 杜甫々
初版:1996年9月10日 最終更新:2015年1月24日
http://www.tohoho-web.com/html/link.htm