<marquee> - マーキー

トップ > HTMLリファレンス > <marquee>

概要

項目説明
形式<marquee>~</marquee>
サポート[非推奨] / e2 / Ch1 / Fx1 / Sa1 / Op1 / N7 / i2
タグの省略開始タグ:必須、終了タグ:必須
包含可能要素ブロック要素 / インライン要素

説明

左右や上下にスクロールする文字や画像を表示します。

属性

【固有属性】
属性意味
bgcolor=colore2/Ch/Fx/Sa/Op/i5。背景色を指定します。
width=ne2/Ch/Fx/Sa/Op/i2。横幅をピクセルまたはパーセンテージで指定します。
height=ne2/Ch/Fx/Sa/Op/i2。高さをピクセルまたはパーセンテージで指定します。
hspace=ne2/Fx/Sa/Op。マーキーの周りの横方向の余白をピクセル単位で指定します。
vspace=ne2/Fx/Sa/Op。マーキーの周りの縦方向の余白をピクセル単位で指定します。
direction=directione2/Ch/Fx/Sa/Op/i2。スクロールの方向を指定します。
  left:右→左(e2/Ch/Fx/Sa/Op/i2)(既定値)
  right:左→右(e2/Ch/Fx/Sa/Op/i2)
  down:上→下(e4/Ch/Fx/Sa/Op)
  up:下→上(e4/Ch/Fx/Sa/Op)
loop=ne2/Ch/Fx/Sa/Op/i2。ループする回数を指定します。
scrollamount=ne2/Ch/Fx/Sa/Op/i2。スクロールする量をピクセルで指定します。
scrolldelay=ne2/Fx/Sa/Op/i2。スクロールする際の遅延時間をミリ秒単位で指定します。
truespeede4。scrolldelay で指定した時間が正確に守られます。この属性が無い場合は 60ミリ秒単位で丸められます。
behavior=behaviore2/Ch/Fx/Sa/Op/i2。スクロールの方式を指定します。
  scroll: スクロール(規定値)
  slide: 端にぶつかると停止
  alternate: 端から端までを往復
【データバインド】
属性意味
datafld=dataflde4。データバインド機能を用いる際の、データソースの列名を指定します。
dataformatas=formate4。データバインド機能を用いる際の、データフォーマットを html または text のいずれかで指定します。
datasrc=datasrce4。データバインド機能を用いる際の、データソースの ID を指定します。
【一般属性】
属性意味
accesskey=keyH4/e4/Ch2/Fx2/Sa3/Op12/N6/i1。アクセスキーを指定します。
class=classH4/e3/Ch1/Fx1/Sa1/Op1/N4。クラスを指定します。
contenteditable=boolH5/e55/Ch11/Fx3/Op10.6/Sa3.2。要素を編集可能にします。
dir=dirH4/e5/Ch5/Fx4/Sa6/Op25/N6。文字の表示方向を指定します。
hiddenH5/e/Ch/Fx/Sa/Op。要素を非表示にします。
id=idH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。ID を指定します。
lang=langH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。言語を指定します。
spellcheck=boolH5。スペルをチェックします。
style=styleH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。スタイルシートを指定します。
tabindex=nH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タブインデックスを指定します。
title=titleH2/e2/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タイトルを指定します。
translate=titleH5。翻訳可否を指定します。

使用例

HTML
<marquee bgcolor="#ffff99">
 これがマーキーです
</marquee>
表示
これがマーキーです

Copyright (C) 1996-2015 杜甫々
初版:1996年9月10日 最終更新:2015年1月10日
http://www.tohoho-web.com/html/marquee.htm