HTMLのタグと要素

トップ > HTMLリファレンス > HTML概要 > HTMLのタグと要素

■ HTMLのタグ

<html> や <head> などを タグ(tag) と呼びます。

多くのタグは、<b>〜</b> のように 開始タグ(start tag)終了タグ(end tag) で囲みます。開始タグのタグ名の前にスラッシュ(/)をつけたものが終了タグです。開始タグを記述するときはそれに対応する終了タグも記述するのが原則ですが、終了タグを省略できるもの(<li> や <dd>など)や、終了タグの無いもの(<br> や <img> など)があります。

タグ名は必ず半角文字で記述してください。大文字・小文字はどちらでも構いません。昔は大文字が一般的でしたが、HTML の次世代規格とも言われる XHTML では、タグはすべて小文字で記述することになっており、HTML も小文字で記述するのが最近の流行りのようです。タグ名の前にスペースをいれてはなりません。

○ <html>
○ <HTML>
○ <Html>
× <HTML> ← 全角文字は駄目
× 〈HTML〉← 半角のように見えるけど実は全角
× < HTML> ← < の後に空白を入れては駄目

■ HTMLの要素

要素(element) の概念は最初はちょっと難しいかもしれませんが、下の図のそれぞれの枠が要素だと思ってください。HTML要素の中に HEAD要素と BODY要素があり、HEAD要素のの中には TITLE要素が、BODY要素の中には H1要素と P要素があります。この要素の始まりや終わりを示すのがタグです。

<html>
<head>
<title>〜</title>
</head>
<body>
<h1>〜</h1>
<p>〜</p>
</body>
</html>

終了タグが省略された場合は、適切と思われる箇所でブラウザが補ってくれます。同様に、開始タグが省略されても、その要素が必要とされているなら、適切と思われる箇所でブラウザが開始タグを補ってくれます。

要素の重なり合いは包含関係(どちらかがどちらかを完全に含む)でなくてはなりません。包含関係が崩れてしまわないようにしましょう。

○ <strong><big>〜</big></strong>
× <strong><big>〜</strong></big>

■ ブロック要素とインライン要素

多くの要素は、ブロック要素(block element)インライン要素(inline element) に大別されます。

<address><blockquote> のように、ブラウザ表示時に前後に改行がはいるものがブロック要素、<big><strong> のように、前後に改行がはいらないものがインライン要素と覚えておくと覚え易いでしょう。

ブロック要素には以下のものがあります。

P / H1 / H2 / H3 / h4 / H5 / H6 / UL / OL / DIR / MENU / PRE / DL / DIV / CENTER / NOSCRIPT / NOFRAMES / BLOCKQUOTE / FORM / ISINDEX / HR / TABLE / FIELDSET / ADDRESS / MULTICOL

インライン要素には以下のものがあります。

文字列 / TT / I / B / U / S / STRIKE / BIG / SMALL / EM / STRONG / DFN / CODE / SAMP / KBD / VAR / CITE / ABBR / ACRONYM / A / IMG / APPLET / OBJECT / FONT / BASEFONT / BR / SCRIPT / MAP / Q / SUB / SUP / SPAN / BDO / IFRAME / INPUT / SELECT / TEXTAREA / LABEL / BUTTON / BLINK / EMBED / LAYER / ILAYER / NOLAYER / NOBR / WBR / RUBY / RB / RP / RT / SPACER

下記のものは特殊で、インライン要素のみを包含する場合はインライン要素として、ブロック要素を包含する場合はブロック要素として振る舞います。

INS / DEL

各要素の包含関係については「要素の包含関係」を参照してください。


Copyright (C) 2000-2001 とほほ
初版:2000年10月9日 最終更新:2001年12月23日
http://www.tohoho-web.com/html/memo/elem.htm