ビルトイン関数

[up] [prev] [next]

一覧

decodeURI(), decodeURIComponent(), encodeURI(), encodeURIComponent(), escape(), eval(), isFinite(), isNaN(), Number(), parseFloat(), parseInt(), String(), unescape()

ビルトイン関数とは

特定のオブジェクトに依存せず、JavaScript の中から直接呼び出すことができる関数群です。グローバル関数とも呼ばれます。JavaScript の初期のバージョンでいくつか定義されましたが、モジュール化の考えから、parseInt() は Number.parseInt() として再定義されるなど、ビルトイン関数は縮小化の方向にあります。

数値変換

◆ Number(exp)

exp を数値に変換します。exp が日付オブジェクトの場合は1970年1月1日0時0分0秒(GMT)からの秒数(ミリ秒単位)を返します。最初の文字が数値でない場合は NaN が返されます。

JavaScript
num = Number("123") + Number("456"); // => 579
◆ parseInt(string [, radix])

Number.parseInt() を参照してください。

◆ parseFloat(string)

Number.parseFloat() を参照してください。

文字列変換

◆ String(num)

数値 num を文字列に変換します。

JavaScript
str = String(123) + String(456); // => "123456"

エンコード

◆ escape(string) [廃止予定]

string の文字列のうち、半角英数文字とハイフン(-)やアンダーバー(_)など一部の記号を除く文字を、%xx または %uxxxx の形式にエンコードします。この機能は廃止予定です。代わりに encodeURI() または encodeURIComponent() を使用してください。

HTML
escape("いろは");   // => "%u3044%u308D%u306F"
◆ unescape(string) [廃止予定]

%nn や %uxxxx の形式に変換された文字列を元の文字列に逆変換します。この機能は廃止予定です。代わりに decodeURI() または decodeURIComponent() を使用してください。

JavaScript
unescape("%u3044%u308D%u306F");    // => "いろは"
◆ encodeURI(string)

encodeURI() は文字列 string を UTF-8 の %xx 表現形式にエンコードします。

JavaScript
encodeURI("いろは");   // => "%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF"

半角英数字、および下記の文字はエンコードされません。URI では & や = は意味を持つ文字ですが、エンコードされません。URI として安全なエンコードを行うには encodeURIComponent() を使用してください。

除外文字
; , / ? : @ & = + $ - _ . ! ~ * ' ( ) #
◆ decodeURI(string)

decodeURI() は、encodeURI() の逆変換を行います。

JavaScript
decodeURI("%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF");   // => "いろは"
◆ encodeURIComponent(string)

encodeURIComponent() は文字列 string を UTF-8 の %xx 表現形式にエンコードします。& や = など、URI で意味を持つ記号もエンコードします。

JavaScript
encodeURIComponent("いろは");   // => "%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF"

下記の記号文字が除外されます。

除外文字
- _ . ! ~ * ' ( ) #
◆ decodeURIComponent(string)

decodeURIComponent() は、encodeURIComponent() の逆変換を行います。

JavaScript
decodeURIComponent("%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF");   // => "いろは"

値判断

◆ isNaN(value)

Number.isNaN() を参照してください。

◆ isFinite(num)

Number.isFinite() を参照してください。

スクリプト実行

◆ eval(statements)

statements を JavaScript の構文と解釈して実行し、その結果を返します。次の例では ans に 27 が代入されます。

JavaScript
ans = eval("3 + (6 * 4)");

[up] [prev] [next]
Copyright (C) 1996-2019 杜甫々
改訂版初版:2001年5月20日、最終更新:2019年2月17日
http://www.tohoho-web.com/js/builtin.htm