関数(Function)

[up] [prev] [next]

一覧

apply(), arity, arguments, call(), caller, function, Function(), prototype

関数

function func(arg1, arg2, ...) { ... } (e3/N2)

関数を定義します。関数とは、よく使用する処理をサブルーチンとして定義するものです。例えば、時:分:秒を秒数に変換する関数を定義するには次のようにします。

function toSeconds(hour, min, sec) {
    var answer = hour * 3600 + min * 60 + sec;
    return(answer);
}

この関数は次のようにして呼び出すことができます。

sec1 = toSeconds(12, 34, 56);
sec2 = toSeconds(23, 59, 59);

関数は、関数を呼び出す個所よりも前の部分であれば、どこで定義しておいても構いません。通常は、<head>~</head> の間や、外部ファイルで定義します。

<html>
 <head>
  <title>TEST</title>
  <script type="text/javascript">
  <!--
  function toSeconds(hour, min, sec) {
      var answer = hour * 3600 + min * 60 + sec;
      return(answer);
  }
  // -->
  </script>
 </head>
 <body>
  <script type="text/javascript">
   <!--
   document.write(toSeconds(12, 34, 56));
   // -->
  </script>
 </body>
</html>

function は、関数(処理)を定義するだけではなく、クラスを定義する目的でも使用されます。詳細は「クラスを定義する」を参照してください。

引数と戻り値

上記の例における hour, min, src などのように、関数に渡す値を引数、answer の値のように関数から戻される値を戻り値と呼びます。

グローバル変数とローカル変数

変数は通常グローバル変数(プログラム全体で有効な値)として扱われますが、arg1, arg2, ... 部分に指定した変数や、関数内で var で定義した変数は ローカル変数(関数内部でのみ有効な値)として扱われます。グローバル変数とローカル変数は、名前が同じでも別の変数として扱われます。

下記の例では、グローバル変数 xx と、ローカル変数 xx は名前は同じでも別の変数として扱われます。

xx = 5;   // グローバル変数 xx に 5 を代入
yy = 5;   // グローバル変数 yy に 5 を代入

func();   // 関数 func() を呼び出す

alert("xx = " + xx);  // グローバル変数 xx を表示(5 が表示される)
alert("yy = " + yy);  // グローバル変数 yy を表示(8 が表示される)

function func() {
   var xx = 8;    // ローカル変数 xx に 8 を代入
   yy = 8;        // グローバル変数 yy に 8 を代入
}

関数オブジェクト

func = new Function(arg1, arg2, ..., statements) (e4/N3)

関数オブジェクトを作成します。下記のコードは上記のfunctionによる宣言と同等です。この方法はあまり利用されることはありません。

add = new Function("x", "y", "return(x+y)");
func.arity (N4)

関数が要求する引数の個数を返します。

function goukei(a, b, c) { return(a + b + c); }
n = goukei.arity;
func.arguments (e4/N3)

引数の配列。個数不定の引数を受け取る際に便利です。

function goukei() {
    var ans = 0;
    for (i = 0; i < goukei.arguments.length; i++) {
        ans += goukei.arguments[i];
    }
    return(ans);
}
sum = goukei(1, 2, 3, 4, 5);
func.caller (e4/N3)

この関数を呼び出した関数。将来の JavaScript のバージョンでは削除される予定らしいので使用しない方が無難です。

function func1(x, y) {
    func2();
}
function func2() {
    alert(func2.caller.arguments.caller);
}
func.prototype.newName (e4/N3)

prototype

func.call(this, arg,...) (N406)
func.apply(this, args) (N406)

JavaScript 1.3 で追加されたメソッドで、クラスの継承を実現します。詳細は「クラスを継承する」を参照してください。


[up] [prev] [next]
Copyright (C) 1996-2001 杜甫々
改訂版初版:2001年5月20日、最終更新:2007年2月24日
http://www.tohoho-web.com/js/function.htm