<form> - フォーム

トップ > HTMLリファレンス > <form>

概要

形式
<form action="...">~</form>
サポート
LS / H2 / e2 / Ch1 / Fx1 / Sa1 / Op1 / N2 / i1
カテゴリ
フローコンテンツ
パルパブルコンテンツ
親要素
フローコンテンツ を子要素に持てるもの
子要素
フローコンテンツ (ただし、form要素を子孫に持つことはできない)
タグの省略
開始タグ:必須 / 終了タグ:必須
属性
グローバル属性
accept-charset
action
autocomplete
enctype
method
name
novalidate
target

説明

入力フォームを表示します。<form>~</form> がひとつのフォームとなります。フォームの中には <input><select><textarea> などのフォーム部品を配置します。

フォームは通常サブミット(実行)ボタンを持ちます。各入力部品に値を入力した後サブミットボタンを押すと、method属性で指定した転送方法(POST or GET)で、action属性で指定したアクション(URL)を呼び出します。

アクションには CGI や Webアプリケーションの URL を指定します。CGI についての詳細は 「とほほのCGI入門」 を参照してください。

属性

【共通属性】
グローバル属性
詳細は グローバル属性 を参照してください。
【重要属性】
action=action
LS/H2/e2/Ch/Fx/Sa/Op/N2/i1
サブミット(実行)された時の動作を指定します。具体的には、CGI や Webアプリケーションの URL を指定します。HTML4.01 では必須の属性として定義されています。
method=method
LS/H2/e2/Ch/Fx/Sa/Op/N2/i1
サーバーにデータを送る形式を GET または POST で指定します。GET を指定するとフォームの入力パラメータは、URL の引数として渡されます。POST を指定するとフォームの入力パラメータは、HTTP 通信のボディデータとして送信されます。
target=target
LS/H4T/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N2
表示ターゲットを指定します。HTML4.01 Strict には採用されませんでしたが、iframe要素を指定することは有効だとして、HTML5 には採用される予定です。
name=name
LS/H4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N2
フォーム名を指定します。JavaScript などから参照されます。
【固有属性】
accept-charset=char
LS/H4
"UTF-8" など、このフォームで使用可能なキャラクタセットのリストをカンマ(,)かスペースで区切って指定します。
autocomplete=onoff
LS/H5/e5
off にすると、過去に入力した値を候補として表示するオートコンプリート機能を無効にします。既定値は on です。
enctype=enctype
LS/H2/e2/Ch/Fx/Sa/Op/N2
フォームのエンコードタイプを指定します。
novalidate
LS/H5/e/Ch/Fx/Op
input 要素の required 属性などの入力値のバリデーションチェックを行わないことを指定します。
accept=accept
[非推奨] H4
サーバがこのフォームデータを処理する際に参考となる MIME タイプのリストをカンマ(,)で区切って指定します。HTML5 では廃止されました。
urn
[非推奨] i3
i-mode で使用されていた属性で、データと一緒に固体識別番号を送信します。

使用例

HTML
<form method="POST" action="cgi/sample.cgi">
  <div>名前:<input type="text" name="name"></div>
  <div>住所:<input type="text" name="addr"></div>
  <input type="submit" value="送信">
  <input type="reset" value="取消">
</form>
表示
名前:
住所:

関連項目

<input><select><textarea><button><fieldset><label>

リンク


Copyright (C) 1996-2017 杜甫々
初版:1996年9月10日 最終更新:2017年12月31日
http://www.tohoho-web.com/html/form.htm