<frame> - フレーム

トップ > HTMLリファレンス > <frame>

概要

項目説明
形式<frame src="...">
サポート[非推奨] / H4-4 / e3 / Ch1 / Fx1 / Sa1 / Op1 / N2
タグの省略開始タグ:必須、終了タグ:無し

説明

<frameset> の中で使用し、個々のフレームを表示します。詳細は <frameset> を参照してください。

属性

【重要属性】
属性意味
src=urlH4/ee/Ch/Fx/Sa/Op/N2。フレームの中身に表示する文書の URL を指定します。
【表示関連】
属性意味
height=ne4-?。フレームの高さをピクセルまたはパーセンテージで指定します。
width=ne4-?。フレームの横幅をピクセルまたはパーセンテージで指定します。
bordercolor=colore4/Fx/N3。フレームの境界線の色を指定します。
frameborder=frameborderH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N3。境界線を表示する場合は 1 を、表示しない場合は 0 を指定します。IE や Netscapeブラウザでは yesno も使用可能です。境界線の両側で 0 が指定されると、境界線が表示されなくなります。
marginheight=nH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N2。フレームの上下の余白をピクセル単位で指定します。
marginwidth=nH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N2。フレームの左右の余白をピクセル単位で指定します。
noresizeH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N2。フレームのリサイズを禁止します。
【その他の属性】
属性意味
longdesc=urlH4。このフレームに関する説明が title 属性で示せないくらい長文の場合に、その説明ページの URL を指定します。
scrolling=scrollingH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N2。フレームのスクロールバーの表示を制御します。
  yes:常に表示
  no:常に非表示
  auto:自動(既定値)
allowtransparency=boole55/Fx。フレームを透明色にする場合に true を指定します。既定値は false です。透明にした場合、<frameset> を記述した HTMLファイル側に設定された背景が表示されます。Internet Explorer ではこの属性を指定したフレームのみが透明になりますが、Firefox では、すべてのフレームが透明になってしまうようです(Firefox 34で確認)。
【一般属性】
属性意味
accesskey=keyH4/e4/Ch2/Fx2/Sa3/Op12/N6/i1。アクセスキーを指定します。
class=classH4/e3/Ch1/Fx1/Sa1/Op1/N4。クラスを指定します。
contenteditable=boolH5/e55/Ch11/Fx3/Op10.6/Sa3.2。要素を編集可能にします。
dir=dirH4/e5/Ch5/Fx4/Sa6/Op25/N6。文字の表示方向を指定します。
hiddenH5/e/Ch/Fx/Sa/Op。要素を非表示にします。
id=idH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。ID を指定します。
lang=langH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。言語を指定します。
spellcheck=boolH5。スペルをチェックします。
style=styleH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。スタイルシートを指定します。
tabindex=nH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タブインデックスを指定します。
title=titleH2/e2/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タイトルを指定します。
translate=titleH5。翻訳可否を指定します。

使用例

<frameset> を参照してください。

関連項目

<frameset>

Copyright (C) 1996-2015 杜甫々
初版:1996年9月10日 最終更新:2015年1月3日
http://www.tohoho-web.com/html/frame.htm