<frameset> - フレームセット

トップ > HTMLリファレンス > <frameset>

概要

項目説明
形式<frameset>~</frameset>
サポート[非推奨] / H4F / e3 / Ch1 / Fx1 / Sa1 / Op1 / N2
タグの省略開始タグ:必須、終了タグ:必須
包含可能要素frameset / frame / noframes

説明

ウィンドウをいくつかのフレームに分割します。Internet Explorer 3.0 や Netscape Navigator 2.0 でサポートされていました。HTML4.01 でも、「HTML4.01 Frameset」 として定義されていましたが、HTML5 では破棄されました。最近では使用例はだんだん減ってきており、代わりに <iframe> や、<div> とスタイルシートによるレイアウトが用いられるようになってきました。

属性

【固有属性】
属性意味
cols=nH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N2。フレームを横に並べて分割する際の分割の割合(ピクセル値やパーセンテージ)を、カンマ(,)で区切って指定します。アスタリスク(*)は残りのすべてを示します。
rows=nH4/Ch/e3/Fx/Sa/Op/N2。フレームを縦に並べて分割する際の分割の割合(ピクセル値やパーセンテージ)を、カンマ(,)で区切って指定します。アスタリスク(*)は残りのすべてを示します。
border=ne4/Ch/Fx/Sa/Op/N3。フレームの境界線の太さを指定します。
bordercolor=colore4/Ch/Fx/Sa/Op/N3。フレームの境界線の色を指定します。
frameborder=framebordere3/Ch/Fx/Sa/Op/N3。境界線を表示する場合は 1 を、表示しない場合は 0 を指定します。IE や Netscape ブラウザでは yesno も使用可能です。
framespacing=ne3。フレームの境界線の太さを指定します。
【一般属性】
属性意味
accesskey=keyH4/e4/Ch2/Fx2/Sa3/Op12/N6/i1。アクセスキーを指定します。
class=classH4/e3/Ch1/Fx1/Sa1/Op1/N4。クラスを指定します。
contenteditable=boolH5/e55/Ch11/Fx3/Op10.6/Sa3.2。要素を編集可能にします。
dir=dirH4/e5/Ch5/Fx4/Sa6/Op25/N6。文字の表示方向を指定します。
hiddenH5/e/Ch/Fx/Sa/Op。要素を非表示にします。
id=idH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。ID を指定します。
lang=langH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。言語を指定します。
spellcheck=boolH5。スペルをチェックします。
style=styleH4/e3/Ch/Fx/Sa/Op/N4。スタイルシートを指定します。
tabindex=nH4/e4/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タブインデックスを指定します。
title=titleH2/e2/Ch/Fx/Sa/Op/N6。タイトルを指定します。
translate=titleH5。翻訳可否を指定します。

使用例

HTML
<html>
<head>
 <title>フレームテスト</title>
</head>
<frameset cols="50%,*">
 <frame src="frame1.html" name="frame1">
 <frameset rows="50%,*">
  <frame src="frame2.html" name="frame2">
  <frame src="frame3.html" name="frame3">
 </frameset>
 <noframes>
  このページはフレーム対応のブラウザでご覧ください。
 </noframes>
</frameset>
</html>
表示
ブラウザ
frame1.html
の内容


frame2.html
の内容


frame3.html
の内容


テクニック

フレームとフレームの間の境界線を表示しないようにするには、frame タグの frameborder 属性に 0 を指定します。

<frameset cols="50%,*">
 <frame src="frame1.html" frameborder=0>
 <frame src="frame2.html" frameborder=0>
</frameset>

リンクをクリックした時に、リンク先を別のフレームに表示したい時は、<a> タグの target 属性にフレーム名を指定してください。

<a href="xxx.html" target="frame2">XXX</a>

リンク先を、フレームを解除して表示したいときは、target 属性に _top を指定してください。

<a href="xxx.html" target="_top">XXX</a>

一度に複数のフレームを書きかえるには、JavaScript を使用する必要があります。

<script type="text/javascript">
<!--
function jump() {
    top.frame2.location.href = "aaa.html";
    top.frame3.location.href = "bbb.html";
}
// -->
</script>
<a href="#" onclick="jump(); return false;">XXX</a>

関連項目

<frame><noframes>

Copyright (C) 1996-2015 杜甫々
初版:1996年9月10日 最終更新:2015年1月3日
http://www.tohoho-web.com/html/frameset.htm