演算子

[up] [prev] [next]

一覧

&&, &=, &, ~, | , ^, , , ? :, --, --, /=, /, ==, ===, >, >=, ++, ++, <<=, <<, <, <=, -=, -, %, %=, *, **, *=, **=, !=, !==, ^=, ! , ||, |=, +=, +, >>=, >>, =, >>>=, >>> delete in instanceof typeof void

代入演算子

var = exp

変数 var に値 exp を代入します。イコール(=)は等しいという意味ではなく代入するという意味を持ちます。

JavaScript
xx = 5;      // xx に 5 を代入する
yy = xx;     // yy に xx の値(= 5)を代入する
zz = "ABC";  // zz に文字列"ABC"を代入する

例えば、次の例を数学的に解釈すると「解無し」となってしまいますが、JavaScript ではこれを「xx という変数に、xx の値と 2 を足したものを代入する」という意味になります。あらかじめ xx に 5 が代入されていれば、xx は 7 となります。

JavaScript
xx = xx + 2;  // xx には xx に 2 を加えた値を代入する

次の例で、「yy = xx = 5;」は、「yy = (xx = 5);」と解釈されます。ここで、「xx = 5」自体が代入された値を示すので。これにより、変数 yy にも値 5 が代入されることになります。

JavaScript
yy = xx = 5;   // yy と xx に 5 を代入する

算術演算子

exp1 + exp2
exp1 - exp2
exp1 * exp2
exp1 / exp2
exp1 % exp2
exp1 ** exp2

exp1exp2 の足し算、引き算、掛け算、割り算などを行います。演算子 % は、exp1exp2 で割った余りを返します。

JavaScript
xx = 3 + 2;   // xx には 5 が代入されます
xx = 3 - 2;   // xx には 1 が代入されます
xx = 3 * 2;   // xx には 6 が代入されます
xx = 3 / 2;   // xx には 1.5 が代入されます
xx = 3 % 2;   // xx には 1 が代入されます

** はべき乗を示します。ES2016 で追加された機能で、Chrome, Firefox, Edge, Opera, Safari ではサポートされていますが、Internet Explorer 11 ではサポートされていません。

JavaScript
xx = 3 ** 2;   // xx には 9(3 の 2乗) が代入されます

演算子 + を用いるときは注意が必要です。exp1exp2 のどちらか(もしくは両方)が文字列の場合は、算術演算子ではなく、文字列の連結演算子として機能するからです。例えば、次の例では、xx は 127 になりません。

JavaScript
xx = "123" + 4;   // xx には "1234" が代入されます

フォームに入力した値も文字列として扱われるので注意が必要です。フォームの値を数値として扱いたいときは、Number() などで数値に変換します。演算子 - は算術演算子としての機能しかないので、"123" から 3 を引いても "12" にはならず、120 になります。

JavaScript
<script>
function func() {
  alert(document.form1.text1.value + 4);        // "1234" になります
  alert(Number(document.form1.text1.value) + 4);  // 127 になります
}
</script>
<form name="form1" action="#">
<input type="text" name="text1" value="123">
<input type="button" value="OK" onclick="func()">
</form>
var++
◆ ++var
var--
◆ --var

xx++ は xx の値をひとつ増やします。xx-- は xx の値をひとつ減らします。xx++ は、加算する前の値を返し、++xx は加算の後の値を返します。xx-- と --xx も同様です。

JavaScript
a = 5; a++;     // aの値は6となる
a = 5; b = a++; // aの値は6、bの値は5となる
a = 5; b = ++a; // aの値は6、bの値は6となる

比較演算子

exp1 == exp2
exp1 != exp2

== 演算子は、exp1exp2 と等しければ true(真)、さもなくば false(偽) を返します。!= 演算子は、exp1exp2 が等しくなければ true(真)、さもなくば false(偽)を返します。数値にも文字列にも使用可能です。

JavaScript
xx = 5;
if (xx == 5) {
  alert("xx is 5.");
}
if (xx != 5) {
  alert("xx is not 5.");
}

数値を文字列を比較した場合は、暗黙の型変換が行われます。下記の例は等しいとみなされます。

JavaScript
if ("123" == 123) {
  alert("等しい");
}
exp1 < exp2
exp1 <= exp2
exp1 > exp2
exp1 >= exp2

exp1exp2 の大きさを比較してその結果を true(真) または false(偽) で返します。演算子はそれぞれ、より小さい(<)、以下(<=)、より大きい(>)、以上(>=) を意味します。

JavaScript
if (xx < 123) {
  alert("xx は 123 より小さいです。");
}

これらの演算子を文字列に対して使用した場合は、辞書順の前後比較を行います。

JavaScript
if (xx < "H") {
  alert("xx は H よりも前にあります。");
}
exp1 === exp2
exp1 !== exp2

数値と文字列を比較したときに、== 演算子や != 演算子が暗黙の型変換を行うのに対し、=== 演算子や !== 演算子は数値と文字列は常に異なるものと判断します。

JavaScript
if ( 123  ==   123 ) { ... }    // true(真)
if ("123" ==  "123") { ... }    // true(真)
if ("123" ==   123 ) { ... }    // true(真)
if ( 123  ==  "123") { ... }    // true(真)
if ( 123  ===  123 ) { ... }    // true(真)
if ("123" === "123") { ... }    // true(真)
if ("123" ===  123 ) { ... }    // false(偽)
if ( 123  === "123") { ... }    // false(偽)

論理演算子

exp1 && exp2

exp1 が真、かつ、exp2 が真であれば真を、さもなければ偽を返します。下記の例では、mon が 1 以上であり、かつ、mon が 12 以下の時に真となります。

JavaScript
if ((1 <= mon) && (mon <= 12)) {
  alert("xx is between 1 and 12.");
}
exp1 || exp2

exp1 が真、または、exp2 が真であれば真を返します。下記の例では、xx が "ABC" である、または、xx が "abc" である場合に真となります。

JavaScript
if ((xx == "ABC") || (xx == "abc")) {
  alert("xx is ABC.");
}
◆ !exp1

exp1 が真ではない時に真を返します。

JavaScript
if (!(xx == 5)) {
  alert("xx is not five.");
}

条件演算子

exp1 ? exp2 : exp3

exp1 が真であれば exp2 を、さもなくば exp3 を返します。次の例は xx が 5 以上であれば "big"、さもなくば "small" を yy に代入します。

JavaScript
yy = (xx >= 5) ? "big" : "small";

カンマ演算子

exp1, exp2

常に exp2 の値を返します。ただし、代入演算子(=など)よりも優先度が低いため、xx = 1, 2; は (xx = 1), 2; と解釈されるので注意してください。また、関数の引数にカンマ(,)を用いた場合は、カンマ演算子とは解釈されません。

JavaScript
for (i = 0, j = 0; i < 10; i++) {
  :
}

ビット演算子

exp1 & exp2
exp1 | exp2
exp1 ^ exp2
◆ ~exp1

exp1exp2 を4バイト整数と見なして、それぞれ、AND(&)、OR(|)、XOR(^)、NOT(~)演算を行った結果を返します。

JavaScript
xx = 0x87654321 & 0xffff0000;  // xx には 0x87650000 が代入される
xx = 0x87654321 | 0xffff0000;  // xx には 0xffff4321 が代入される
xx = 0xffff0000 ^ 0xff00ff00;  // xx には 0x00ffff00 が代入される
xx = ~0xffff0000;              // xx には 0x0000ffff が代入される
exp1 << exp2
exp1 >> exp2
exp1 >>> exp2

exp1 を4バイト整数と見なして、exp1exp2 ビット分、左シフト(<<)、右シフト(>>)、0埋め右シフト(>>>)した結果を返します。>> の場合は左端には最上位のビットが埋められますが、>>> は常に 0 が埋められます。

JavaScript
xx = 0x12345678 << 8;  // xx には 0x34567800 が代入される
xx = 0x12345678 >> 8;  // xx には 0x00123456 が代入される
xx = 0x87654321 >> 8;  // xx には 0xff876543 が代入される
xx = 0x87654321 >>> 8; // xx には 0x00876543 が代入される

複合代入演算子

var += exp
var -= exp
var *= exp
var /= exp
var %= exp
var **= exp
var &= exp
var |= exp
var ^= exp
var <<= exp
var >>= exp
var >>>= exp

例えば、xx += 5; は xx = xx + 5; と同じような動作をします。同様に、xx -= 5; は xx = xx - 5; と同じような動作をします。

JavaScript
xx += 5;    // xx = xx + 5; と同じ
xx -= 5;    // xx = xx - 5; と同じ
xx *= 5;    // xx = xx * 5; と同じ
xx /= 5;    // xx = xx / 5; と同じ
xx %= 5;    // xx = xx % 5; と同じ
xx **= 5;    // xx = xx ** 5; と同じ (Internet Explorer 11 では未サポート)
xx &= 0xff; // xx = xx & 0xff; と同じ
xx |= 0xff; // xx = xx | 0xff; と同じ
xx ^= 0xff; // xx = xx ^ 0xff; と同じ
xx <<= 8;   // xx = xx << 8; と同じ
xx >>= 8;   // xx = xx >> 8; と同じ
xx >>>= 8;  // xx = xx >>> 8; と同じ

その他の演算子

◆ delete expression

delete 演算子は、expression で指定した、グローバル変数やオブジェクトのプロパティを削除します。var で明示的に定義した変数は削除できませんが、var 無しに暗黙的に定義した変数は削除することができます。delete はオブジェクトのプロパティを削除する演算子であって、オブジェクト自体を削除することはできません。オブジェクトは、参照されるものが無くなった時点でガベジコレクション寺に自動的に消去されます。

JavaScript
var obj = {
  name: "Yamada",
  age: 24
};
console.log(obj.name);    // Yamada
delete obj.name;
console.log(obj.name);    // undefined
◆ typeof expression

typeof 演算子は、expression で与えられた値の型を示す文字列を返します。typeof(null) は本来 "null" を返すべきかもしれませんが、歴史的な理由により "object" を返します。

JavaScript
typeof(undefined)      // "undefined"
typeof(null)           // "object"
typeof(true)           // "boolean"
typeof("abc")          // "string"
typeof(123.45)         // "number"
typeof(new Object())   // "object"
typeof(function() {})  // "function"
typeof(Symbol())       // "symbol"
◆ void expression

void 演算子は、expression で指定された式に関わらず、常に undefined を返します。関数の戻り値を常に undefined にする場合などに用いられます。

JavaScript
void function func() {
  alert("Hello!");
}

また、<a href="javascript:~"> で、何も実行するものが無い場合などに使用されることがあります。void() の代わりに直接 undefined を記述してもよいのですが、undefined という変数が上書きされてしまうリスクを回避するために、void(0) を使用することが多いようです。

HTML
<a href="javascript:void(0)">~</a>
expression in object

in 演算子は、expressionobject で示されるオブジェクトのプロパティに存在するか否かを調べます。

JavaScript
if ("appName" in navigator) {
  console.log("Yes");
}
JavaScript
p1 = {
  name:"Yamada",
  age:26
};
if ("name" in p1) {
  console.log("Yes");
}
expression instanceof objecttype

instanceof 演算子は、expressionobjecttype で示されるオブジェクトか否かを調べます。下記の例では、p1 は Person オブジェクトであるため、true となり、Yes が表示されます。

JavaScript
function Person() {}
var p1 = new Person();
if (p1 instanceof Person) {
  console.log("Yes");
} else {
  console.log("No");
}

演算子の優先順位

各演算子の優先順位は以下のようになります。同じレベルの演算子は、式の左側にある方が優先度が高くなります。たとえば下記の例で、(式1) は (式2) と解釈されて答えは 13 となります。しかし、バグを埋め込まないためにも、優先順位が直感的に解らない個所には(たとえ無駄であっても)括弧をつけて、優先度を明示的に指定してやることをおすすめします。

JavaScript
(式1) xx = 3 + 4 * 5 / 2;
(式2) xx = 3 + ((4 * 5) / 2);
優先度演算子
高い



低い
配列([]) 括弧(( ))
増減(++ --) マイナス(-) 反転(~) NOT(!)
乗除余(* / %)
加減(+ -) 文字列連結(+)
シフト(<< >> <<<)
比較(< <= >= >)
比較(== != === !==)
AND(&)
XOR(^)
OR(|)
かつ(&&)
または(||)
二項(? :)
代入(=) 複合代入(+=など)
カンマ(,)

[up] [prev] [next]
Copyright (C) 1996-2017 杜甫々
改訂版初版:2001年9月8日
最終更新:2017年12月10日
http://www.tohoho-web.com/js/operator.htm