<a> - リンクする

トップ > HTMLリファレンス > <a>

■ 概要

項目説明
形式<a href="...">〜</a>
<a name="...">〜</a>
サポートH2+ / e2+ / N2+ / Fx1+ / Op6+ / Ch1+ / Sa1+ / i1+
タグの省略開始タグ:必須、終了タグ:必須
包含可能要素インライン要素a を除く)

■ 説明

a はアンカー(Anchor)の略です。

<a href="...">〜</a> の形式は、指定したページにジャンプしたり、指定したメールアドレスに対するメールソフトを起動したりする目的で使用されます。

<a name="...">〜</a> の形式は、ページの中の指定した個所にジャンプするための目印となる名前を設定します。詳細は後述。

■ 属性

【重要な属性】
属性意味
href=urlH2+/e2+/N2+/i1+。リンクをクリックした時のジャンプのアドレス(URL)を指定します。他にも、mailto: による電子メールの送信先指定も可能です。
name=nameH2-H4/e2+/N2+/i1+。<a name="XXX">〜</a> で囲んだ部分に XXX という名前を指定します。後述の「名前付け」を参照してください。
target=targetH4T/H5+/e3+/N2+。表示ターゲットを指定します。
【リンク先に関する情報】
属性意味
charset=charsetH4。リンク先文書のキャラクタセット(euc-jp や Shift_JIS など)を指定します。HTML5 では廃止される予定です。
hreflang=hreflangH4+。リンク先文書の言語(ja など)を指定します。
methods=methodsH2。リンク先のオブジェクトが持つ機能についての情報を記述しますが、あまり使用されていません。HTML2.0 では定義されていましたが、HTML3.2 で削除されました。
rel=relH2+。この文書から見たリンク先の文書との関係を記述します。rel には next, previous, parent などを指定します。あまり使用されていません。
rev=revH2-H4。リンク先の文書から見たこの文書との関係を記述します。rev には next, previous, parent などを指定します。あまり使用されていません。
type=typeH4+。リンク先文書の MIMEタイプ(text/htmlなど)を指定します。
urn=urnH2。あまり使用されていません。HTML3.2 で削除されました。
media=mediaH5+。メディアを指定します。
【データバインド関連】
属性意味
datafld=dataflde4+。データバインド機能を用いる際の、データソースの列名を指定します。
datasrc=datasrce4+。データバインド機能を用いる際の、データソースの ID を指定します。
【クリッカブルマップ関連】
属性意味
coords=coordsH4。クライアントサイドイメージマップの座標を指定します。<area> を参照してください。
shape=shapeH4。クライアントサイドイメージマップの形を指定します。<area> を参照してください。
【i-mode専用】
属性意味
cti=ctii2+。このリンクをクリックすると、cti で指定した番号にダイヤルします。cti をサポートしている機種では href より cti を優先します。0〜9、アスタリスク(*)、シャープ(#)の他、1秒待ちを示すカンマ(,)とキー入力待ちを示すスラッシュ(/)を使用することができます。
utni3+。携帯端末や FOMAカードの識別番号をサーバーに送信します。(詳細
subject=subjecti3+。href="mailto:〜" でメールを送信する際の件名を指定します。
body=bodyi3+。href="mailto:〜" でメールを送信する際の本文を指定します。
telbook=telbooki3+。電話帳登録機能の名前(20バイト)を指定します。
kana=kanai3+。電話帳登録機能の半角カナ名(18バイト)を指定します。
email=emaili3+。電話帳登録機能のメールアドレス(50バイト)を指定します。
ista=idi4+。起動するする iアプリを示す OBJECTタグの IDを指定します。
ijam=idi3+。ダウンロードする iアプリを示す OBJECTタグの IDを指定します。
ilet=idi5+。ダウンロード後、即起動する iアプリを示す OBJECTタグの IDを指定します。
iswf=iswfi5+。インタラクティブ再生モードで配信する Flashコンテンツを指定します。
irst=irsti5+。赤外線送信するデータに対応した OBJECTタグの IDを指定します。
【一般属性】
属性意味
class=classH4+/e3+/N4+。クラスを指定します。
id=idH4+/e3+/N4+。ID を指定します。
style=styleH4+/e3+/N4+。スタイルシートを指定します。
title=titleH2+/e2+/N6+。タイトルを指定します。
dir=dirH4+/e5+/N6+。文字の表示方向を指定します。
lang=langH4+/e4+/N6+。言語を指定します。
accesskey=keyH4+/e4+/N6+/i1+。アクセスキーを指定します。
tabindex=nH4+/e4+/N6+。タブインデックスを指定します。
contenteditable=boolH5+/e55+。要素を編集可能にします。
contextmenu=idH5+。コンテキストメニューを指定します。
draggable=boolH5+。ドラッグを可能にします。
dropzone=valueH5+。ドロップを可能にします。
hiddenH5+。要素を非表示にします。
spellcheck=boolH5+。スペルをチェックします。
IE拡張属性他にもIEで拡張された属性が指定可能です。

■ 使用例

HTML
<a href="http://xx.yy.zz/index.htm">リンク先にジャンプ</a>

<a href="index.htm">同フォルダの別ファイルにジャンプ</a>

<a href="../xxx/index.htm">別フォルダの別ファイルにジャンプ</a>

<a href="index.htm#XYZ">リンク先の特定位置にジャンプ</a>

<a href="#XYZ">同じファイル内の特定位置にジャンプ</a>

<a href="mailto:xyz@xxx.yyy.zzz">メールアドレスにメール送信</a>

<a href="ftp://xx.yy.zz/XYZ.LZH">FTPを用いたダウンロード</a>

<a name="XYZ">この文章に"XYZ"という名前をつけます</a>

■ 別ファイルへのリンク

<a href="...">の形式は、リンクを表示するのに用います。

<a href="http://www.yyy.zzz/xxx/yyy/zzz.html">ZZZ</a>

ファイルが同じサーバにある時は、http://〜 を省略することができます。

<a href="/xxx/yyy/zzz.html">ZZZ</a>

ファイルが同じフォルダにある時は、/xxx/yyy/ の部分も省略することができます。

<a href="zzz.html">ZZZ</a>

ファイルがひとつ上のフォルダにある場合は、「ひとつ上の」を意味するドットドット(..)を用いて次のように表現します。

<a href="../index.html">戻る</a>

ひとつ上のフォルダの中の、xyz というフォルダの中の、index.html というファイルを参照するには次のようにします。

<a href="../xyz/index.html">ZZZ</a>

■ 名前付け

<a name="...">の形式は、<name="...">〜</a>で囲まれた部分に name="..." で指定した名前をつけます。名前は、# マークをつけてhref="..." で参照することができます。表示上は何の変化もありません。

下記の例では、目次の「はじめに」をクリックすると、そのページの中の「はじめに」節の個所にジャンプ(ページがスクロール)します。

HTML
目次:
<a href="#hajimeni">はじめに</a>
      :
      :
      :
<h1><a name="hajimeni">はじめに</a></h1>
<p>この文書は・・・</p>

別のページの特定場所にジャンプさせるには、次のようにします。

<a href="betupage.html#ABC">別ページのABCにジャンプ</a>

HTML5 では、name属性は廃止されます。代わりに、名前を付けたい要素に id属性を指定してください。

<h1 id="hajimeni">はじめに</h1>

■ テクニック

■ ファイル名省略時の動作

http://〜/ や、http://〜/〜/ のように、ファイル名を省略して指定した場合は通常、index.html、index.htm、default.htm などの省略時のファイルが表示されます。省略時のファイルが存在しない場合は、サーバーの設定によって、フォルダの中のファイルの一覧が表示されたり、エラーとなったりします。

■ フォルダの後ろのスラッシュ(/)

http://〜/ディレクトリ名/ の最後のスラッシュ(/)は無くても動作しますが、極力指定するようにしましょう。これを省略すると、ブラウザとサーバーの間で「http://〜/〜 を頂戴」、「http://〜/〜/ じゃないとやだね」、「http://〜/〜/ を頂戴」....のように、無駄な通信が発生します。

例えば http://〜/〜/ を開くと http://〜/〜/index.html が読込まれますが、両者は別の URL として認識されますので、ブラウザのキャッシュが効きません。 <a href="index.html">[戻る]</a> とするところを <a href="./">[戻る]</a> とするとよいのですが、これだとローカルマシンでテストする際に不便なので困ったものです。


Copyright (C) 1996-2013 杜甫々
初版:2000年10月9日 最終更新:2013年1月3日
http://www.tohoho-web.com/html/a.htm